地域内で提供する新メニューや、お土産となるような特産を用いたスイーツの商品開発をして頂ける方を募集します!

()

ステータス

料理ジャンル: 

職業: 

経験年数: 

菜食関連対応: 

参画希望レベル: 

取得資格: 

よく使う食材: 
お気に入りの食材: 
新しく使ってみたい食材: 

民泊での提供料理と、地域内での滞在時に提供される店舗での新メニュー、そしておみやげとなるような特産品を用いたスイーツの商品開発をして頂ける方、探しています!

◆具体的な依頼案件については、詳細が決まり次第、情報を記載させていただきます。 当協議会では、農泊を推進するために、民泊での提供料理と、地域内での滞在時に提供される店舗での新メニュー、そしておみやげとなるような特産品を用いたスイーツの開発を検討しており、その商品開発の伴奏をいただける方を求めています。また、地域で実際に開業してみたい、という方も求めています。 <農泊推進に関して、今後の展望・ビジョン> ・100人前後の教育旅行の受入れを年に2~3組ほど、また30~50人程度の体験旅行(国内外)の受入れを行えるようにしていきたい。 <地域の特徴ある食材・素材> ・源流域の清流で育った岩魚やその水を使って製造した「清流素麺」、高地で育つそば、豪雪地帯ならではの柔らかな山菜、ジビエ肉、縄で縛って持ち運べるほどしっかりしている利賀豆腐などがあります。また、地域の特産野菜として皮が白く甘みの強い伯爵カボチャがあります。 <農泊地域の特徴ある郷土料理・名物料理> ・山菜と豆腐の煮しめ(報恩講料理)、山菜とジビエ肉を出汁でしゃぶしゃぶして食べる「山菜ジビエール」、岩魚に関する料理(塩焼き、から揚げ、骨酒、岩魚出汁の素麺)、五平餅 <今後活かしていきたい地域資源・食材等> ・野菜・葉物関連, その他 <農泊地域の風土(気候や地理的条件、歴史など)> ・庄川の支流である利賀川と、神通川の支流である百瀬川の源流域にあり、標高500~700mの場所に22の集落がある。ミズナラを中心とした広葉樹林や杉の人工林が広がり、森林率が97%の山間部の地域である。昔から養蚕が盛んに行われ、また、そばをはじめとした雑穀の栽培もおこなわれていた。冬場には3mの雪が積もり、5月の連休明けの雪解けとともに、一斉に山菜が芽吹くため、柔らかで風味の濃い山菜を採ることが出来る。

\こんな方を募集します/

料理研究家の方で、山菜を地域のブランドとして売り出すためのアドバイスをして頂ける方を求めます。 ◆詳細はログイン後、「応募する」ボタンからお問い合わせください。◆


INFOMATIONー この地域について ー

地域の食材・素材

源流域の清流で育った岩魚や、豪雪地帯ならではの柔らかな山菜、ジビエ肉、利賀豆腐などがあります

郷土料理・名物料理

報恩講料理、山菜とジビエ肉を出汁で食べる「山菜ジビエール」、岩魚に関する料理、五平餅

農泊推進に関して、今後の展望・ビジョン

年2~3組ほどの100人前後の教育旅行、また30~50人程度の体験旅行の受入れをしていきたい。

主体事業者: 南砺市利賀地域長期宿泊体験協議会
担当者: 須河 紗也子
住所: 南砺市利賀村171

\この地域が気になる方は、農泊ポータルサイトもチェック!/