地域の目玉となる和食料理を!

中山間地域

鳥取県 若桜谷活性化協議会

ステータス募集中(詳細確認ください)

期間 2018/10/01~2019/09/30

依頼種別:  短期  移住 

案件実施後の成果物:  新メニュー・レシピ開発  移住・レストラン開業 

活用予定の地域資源・食材等:  果物関連(西条柿、花御所柿、二十世紀梨) 

移住や開業の際に準備できる支援:  住居  店舗  労働力  機材  ※古民家で宿泊併設の店舗物件をご用意できます 

希望職業・スキル:  料理・調理人  フードコーディネータ 

希望料理ジャンル :  和食 

地域の特産となるようなメニュー開発にアドバイスをして下さる方や古民家で独立して飲食業を営みたい方を探しています。

地域の目玉となる和食料理をつくるため、2つの分野で食に関わる専門家や人材を求めています。
①地域の特産となるメニュー開発に助言いただける方。
②古民家で独立して飲食業を営みたい方。



<地域の特徴ある食材・素材>
・西条柿、花御所柿、二十世紀梨

<地域で来訪者に是非食べて頂きたいメニュー(食材)>
・柿

<農泊地域の特徴ある郷土料理・名物料理>
・渋柿の西条柿を乾燥して作った、無添加のあんぽ柿。

<農泊地域の風土(気候や地理的条件、歴史など)>
・鳥取県東南部に位置する郡家町、船岡町及び八東町の3町は、八東川流域として一体的な地域を形成し、歴史的・文化的にも深いつながりがあります。 急速な少子・高齢化の進行や、国際化の進展など社会情勢が大きく変化する中、地方自治体の果たすべき役割は多様化、複雑化してきました。 このような状況の中、地方分権を推進し、行・財政運営の見直しや、きめ細かい行政サービスを提供するため、平成17年3月31日に八頭町が誕生しました。「八頭町」の由来は、八頭郡として古くから地域住民に親しまれており、新町の一体性が醸成されることの期待を込めて公募により名付けられました。八頭町(やずちょう)の「や」の文字で、人々が集い自然と調和して暮らす町をデザイン化。羽ばたく鳥の姿で自然との一体感や大空に夢が広がる町の明るいイメージを表し、八頭町の飛躍を象徴したものです。

こんな方を募集します

①地域の特産となるメニュー開発に助言いただける方。
②古民家で独立して飲食業を営みたい方。

・・・
◆詳細はログイン後、「応募する」ボタンからお問い合わせください。◆


INFOMATIONー この地域について ー

地域の食材・素材

西条柿、花御所柿、二十世紀梨

郷土料理・名物料理

渋柿の西条柿を乾燥して作った、無添加のあんぽ柿。

主体事業者: 若桜谷活性化協議会
担当者: 池本 光陽
住所: 八頭郡八頭町富枝38

この地域が気になる方は、農泊ポータルサイトもチェック!