料理人の育成プログラムを開発し地域食材の可能性を高めるためのプロジェクトを目指しています!

沿岸地域

石川県 能登島ペスカグリ・ネットワーク

ステータス募集中(詳細確認ください)

期間 2018/10/01~2019/09/30

依頼種別:  短期  中期 

案件実施後の成果物:  その他 

活用予定の地域資源・食材等:  海産物関連(サザエ・イカ・地魚・海藻など) 

希望職業・スキル:  料理・調理人  フードコーディネータ  料理研究家 

希望料理ジャンル :  和食  フランス料理  スペイン料理  中華  イタリア料理  アジア・エスニック料理 

活躍するプロの料理人のみならず、これから料理人を目指す若者について国内外からの受入れも求めています。

本会では地域の豊富な食材に生産現場で実際に触れることができる強みを活かし、料理人の育成プログラムを開発していきたいと考えています。
すでに実践で活躍するプロの料理人のみならず、これから料理人を目指す若者について国内外からの受入れができないか模索を始めています。指導する側の料理人として一緒にプログラムを作り、さらなる地域食材の可能性を高めるためのプロジェクトに伴走してくださる方を求めています。


<農泊推進に関して、今後の展望・ビジョン>
・豊かな食資源の活用について、料理人を育てるという観点から地域の体験プログラムを開発していきたいと考えています。ただ訪れて食べて美味しいというだけではなく、産地そのものの魅力向上と一次産業の継承を目指して、持続可能な仕組みづくりを目指していきたいと考えています。


<地域の特徴ある食材・素材>
・定置網漁や刺し網漁で採れる豊富な魚介、海藻や貝類に加え、能登野菜でもある赤土ジャガイモや白ネギなどの露地野菜、山菜やキノコなどの山の幸など、少量ではあるが多品目の食材がある。


<農泊地域の特徴ある郷土料理・名物料理>
・祭りや行事の際の特別な料理があり、祭りごっつお、鱈の起舟午前、報恩講料理などのほか、日常食として糀を使った発酵食が多用される。

<農泊地域の風土>
・能登半島に抱かれた七尾湾に浮かぶ島で、半島とは2本の橋で陸続きになっている。 その豊かな自然の幸には目を見張る多様性がある。豊かな漁場での定置網漁や特産のなまこ漁などに加え、稲作や赤土を活かした畑作も盛んである。
こうした、自然の恵みを享受する暮らしのなかで、「日本遺産」に登録されたキリコ祭りなどの祭礼や自然を大事に活用する技術や知恵が今も息づいている。のとじま水族館、ひょっこり温泉島の湯などの観光施設、30件ほどの民宿がある観光の島でもある。
能登島には、山や海の力を借りて、自ら作り出せる暮らしがあり、その営みを分かち合える人がいる。
その「資源」を知恵とともに受け継ぎ、引き継ぐことを目指し、食を中心に新しい価値を創造し、来訪者に新たなライフスタイルを提案する「スローツーリズム」に取り組んでいる。豊かな、よく成長した、よく実っているという意味のある方言「まあそい」を掲げ、食、滞在メニュー、宿、土産物の提供に取り組む。

こんな方を募集します

指導する側の料理人として一緒にプログラムを作り、さらなる地域食材の可能性を高めるためのプロジェクトに伴走してくださる方
 ※調理師学校などで講義をお持ちの場合は優先したいと思います。

※ログイン後、「応募する」ボタンからお問い合わせください。


INFOMATIONー この地域について ー

地域の食材・素材

魚介、海藻や貝類に加え、能登野菜である赤土ジャガイモや白ネギなどの露地野菜、山菜やキノコなど

郷土料理・名物料理

祭りごっつお、鱈の起舟午前、報恩講料理などのほか、日常食として糀を使った発酵食

風土(気候や地理的条件、歴史など)

もともと半農半漁で生計を立ててきた地域で、その豊かな自然の幸には目を見張る多様性がある。

農泊推進に関して、今後の展望・ビジョン

豊かな食資源の活用・料理人を育てるという観点から地域の体験プログラムを開発していきたいと考ている。

主体事業者: 能登島ペスカグリ・ネットワーク
担当者: 福嶋 葉子
住所: 七尾市能登島向田町ろ部8番地1

この地域が気になる方は、農泊ポータルサイトもチェック!