インバウンド(訪日外国人観光客)をターゲットに食コンテンツ開発を考えています!

中山間地域

愛知県 とよたグリーンツーリズム推進協議会

ステータス募集中(詳細確認ください)

期間 2018/10/01~2019/09/30

依頼種別:  短期  移住 

案件実施後の成果物:  移住・レストラン開業 

活用予定の地域資源・食材等:  畜産物関連(イノシシ)  野菜・葉物関連(抹茶など) 

移住や開業の際に準備できる支援:  店舗  ※宿泊施設の古民家内に、簡単な厨房、飲食スペースを設けています。 住居については、自治体で補助制度等あり、自治体がバックアップいたします。 

希望職業・スキル:  料理・調理人 

希望料理ジャンル :  和食  フランス料理 

急募! インバウンド向けの食の開発!高品質の抹茶や、地域の若手農家をはじめとした多彩な食材を活かして、共同開発や教育指導を受けることも可能です。

とよたグリーンツーリズム推進協議会では、高品質の抹茶や、地域の若手農家をはじめとした多彩な食材を活かして、特にインバウンドをターゲットに美味しい食事を提供したいと考えています。当協議会のプロジェクトリーダーのネットワークにより、海外の著名シェフとの連携もしており、メニューの共同開発や教育指導も可能です。
すぐにでも始めていきたいです!

<地域の特徴ある食材・素材>
・茶は、全国茶品評会・関西茶品評会・愛知県茶品評会にて、かぶせ茶、てん茶の部で農林水産大臣賞の受賞者を輩出しており、特にインバウンド対策として、抹茶を使った食コンテンツを売りとしています。


<農泊地域の特徴ある郷土料理・名物料理>
・しし鍋、五平餅など

<農泊地域の風土(気候や地理的条件、歴史など)>
・足助地区は、区域の約87%を山林が占め、小規模集落が山間に点在しています。名古屋方面と南信、飯田方面との物資交流の中継地、中馬街道・塩の道の要衝として発展してきました。香嵐渓や伝統文化体験を提供する三州足助屋敷を中心に観光に力を注ぎ、平成23年には歴史ある町並みが重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

こんな方を募集します

高品質の抹茶や、地域の若手農家をはじめとした多彩な食材を活かして、特にインバウンドをターゲットに美味しい食事を提供したいので、短期的な食コンテンツ開発へのご支援や、移住開業も視野に入れている方もお待ちしています!

・・・・・
◆詳細はログイン後、「応募する」ボタンからお問い合わせください。◆


INFOMATIONー この地域について ー

地域の食材・素材

かぶせ茶、てん茶の部で農林水産大臣賞の受賞者を輩出、抹茶を使った食コンテンツを売りとしている。

郷土料理・名物料理

しし鍋、五平餅など

風土(気候や地理的条件、歴史など)

区域の約87%を山林が占め、小規模集落が山間に点在している。

主体事業者: とよたグリーンツーリズム推進協議会
担当者: 西村 だいすけ
住所: 豊田市西町3-60

この地域が気になる方は、農泊ポータルサイトもチェック!